憂鬱を解消するために、管理人が必ず2年以内に達成すること

憂鬱を知る, 管理人のこと

上昇

毎週毎週、休みの日の終わりに憂鬱な気分にさいなまれるのは辛くて苦しいことですよね。どうして計ったようにこのタイミングでやってくるのか…もはや花金ことフライデー・ナイトあたりからすでに、日曜夜の憂鬱を考えて憂鬱…という悪循環になってしまうことも。

ちなみに、我々が憂鬱になる理由は、いたってシンプルです。「イヤなことがある」「イヤなことが起こるかもしれない」と感じるから憂鬱になるわけです。では、その反対は?「楽しみなことがある」と思えれば、憂鬱な気分にサヨナラバイバイできます。

「デートする」とか「○○を買う」のような短期的かつ単発の楽しみも良いものですが、数ヶ月〜数年先までの目標を置き、その目標を達成するための道のりを楽しみにしていけると、生きていく上で大きな力になりますよね。

ちなみに私ことosushinは、現在あるWEBサービスの企業で管理職として仕事をしていますが、そんな私も数年先までに叶えたい!という目標がいくつかできました。この目標は私自身もずっと闘っている「憂鬱な気分」とお別れし、充実した人生を送るための壮大な目標です。同じように悩んでいる方々が全く同じように思うわけではないと思うものの、「憂鬱」をテーマに、数年にわたる自問自答の結果、導き出した答えとなります。

この記事を読んでくださっている方々の参考となれば幸いです。

はじめに・管理人にとっての「イヤなこと」(憂鬱の原因)ってなんなの?

考えてみたら、10年ほど前から違和感があった

自慢でもなんでもないですが、私は小学校、中学校、高校と、勉強に関しては比較的優秀で真面目、先生受けもよかった方でした。勉強そのもの以外にも、いわゆる生徒会役員などもしたり、文科系でもスポーツでも一定以上の成績や受賞歴がありました。大学も指定校推薦で入学し、希望していた企業にも新卒で入社でき、わりと自分なりの「勝ちパターン」を持っていたように思います。

ところが、本当にここ10年くらいに関して、特に管理職になってからは、仕事に関して悩むことや納得がいかないこと、苦しいことが増えてきました。また自分自身、家族を養うという意味でも、とにかく自分の強みを活かしつつ、どんどん年収を上げていけばいいんだ!と信じ込んでしまっていました。

「管理職なんてみんなそうだよ」と思われるかも知れませんが、特にこの二つに挟まれることが限りなく苦しいと感じているんだということに、ようやくはっきりと気づいたのです。

①ノルマ(ミッション)だけでなく、手法までを指定してくる上司、経営陣→「現場を納得させるのがお前の仕事だろ!」

②ノルマが落ちてくる以上、手法だけは妥協したくない現場→「きちんと現場のことを考えて、上司に認めさせていただけないと困ります!」

私は当初、この憂鬱の原因を「自分には足りない部分が多いんだ、その事実にがっかりして憂鬱になっているんだ、なんて自分はダメなんだ」という風に思っていました。しかしそうではなく、自分は人に嫌われることを極端に怖れ、常に「イイ人」でありたいと思っているから苦しいのだ、ということに気づくことができました。

自分は甘すぎた

それはつまり、これまでのように「とにかく年収を上げるために、管理職として実績を出し続ける。立場が苦しいのは管理職なんだから当たり前」という会社生活を送ることは、常に悩みの種を抱えながら、人生の大部分を占める仕事の間、苦しみ続けるということを意味します。

自分には、どうやらそれはできそうにない。それを理解し認めるのに、10年ほどを要しました。自分は非常に甘かったと思います。しかしそれは、「私なんかがあれもこれも欲しがるなんて、高望みしすぎた」ということではなく、「働きやすさや穏やかな気持ちを犠牲にして、年収だけを上げようなんて、自分を甘やかしすぎた。それぞれ全てをちゃんと求めていくべきだ」ということです。

だから私は、あと2年でこの目標を達成する

本業以外の収入源を、プラス2つ以上持つ

現代社会は、世界に名だたる大企業も頻繁にリストラをするようになり、神話的な安定や終身雇用のような制度には期待ができない社会です。どこで何をして働いている人であれ、明日いきなり無職になり収入がなくなっても、何の不思議もないのです。本業だけに収入を頼っていることも大きなリスクだなということを、最近実感しました。

ということで、本業の他に、いわゆる副業を1つはじめました(当然、本業には今のところ内緒)。まだ駆け出しなので収益化できていないのですが、必ず1年半以内に、この副業で現在の月収を超える収入を手にしようと思い、努力しています。そして、この副業とは別に、さらなる副業をもう1つ以上増やすことが当面の目標です。2年後には現在の月収の倍を得ているように進めていきたいと思います。

現在の会社を辞め、おおやけにパラレルワークをする

いま勤めている会社は、明確な副業禁止規定はないものの、知っている限り副業をバリバリとやっている人はいませんし、拘束時間と求められる責任がハンパではないので、副業が起動に乗ってき次第、副業OK・拘束時間少なめの会社に転職をします。社会保険の恩恵を受けたいので、それが叶う雇用形態にこだわろうと思っています。

その転職先での収入に関しては、今ほどの額は望みませんし、望めないでしょうが、それで全く構いません。社会保険・業務を通じて得られるスキル・人脈の恩恵を享受して、さらにお給料までいただけて、今よりも変な責任は剥がしていただけるのですから、感謝しなければバチが当たるというものです。

個人事業主や法人としても活動する

副業の活発化に伴って、経費として使用しなければいけない費用が多く発生することが想像されます。また税金の面でも、正しく健全に自己経営をするために、会社員を続けつつも、個人事業主もしくは法人として活動をします。

必然的に簿記会計、経営に関する勉強が必要になってきます。このまま本業を続けていても、絶対に今の会社では2年以内に経営陣にはなれず、まあなれて事業部長クラスであろうと思われるわけですが、これで2年のうちに経営知識の一部でも手に入るわけです。

スキルの幅を広げる

副業を含めて、より自分の成長や収益に寄与してくれるような分野に、時間とお金を投資します。具体的には、(もちろん展開したい事業性も鑑みた上で)アプリ開発とマーケティング・動画制作とマーケティング・ビジュアルデザインあたりを学びたいと思っています。新しい知識を吸収して、それを活用して新しいものを作り出すことは好きなので、絶対にチャレンジしたいと思っています。

金銭面や経験面で、人生を豊かにする

当然ですが、家族のためにも今の収入を減らすわけにはいきません。例え一時的にも、そこは避けたいなと思います。あくまで今の収入にアドオンするのが前提であり、必ずその目標を達成しようと意気込んでいます。

このブログのテーマでもありますが、自分や家族の「選択肢」をもっともっと増やすために、たくさんの場所に行き、たくさんの製品や考え方に触れ、人生を豊かにします。また、将来的な選択肢についても持っておけるように、2年間で500万円、5年間で3,000万円以上の貯蓄を達成します。

今の生活からどう変わるの?

下記のように、メリットだらけになる予定です。

①収入が増える(減るようなやり方はしない)

②好きなことを副業にしたり、本業の雇用のされ方を変えることで、心穏やかに働ける

③自分でやる仕事を自分で決める範囲が増えるので、納得した仕事を全力でできる

④仕事に追い込まれることがないので、家庭が殺伐とせず円満になる

⑤やりたいことの勉強がはかどるので、さらに先の副業や収益化に繋がる

⑥金銭面に余裕ができ、たくさんの人生経験を通じて選択肢が増える

⑦憂鬱と縁遠い人生を送ることができる ← GOOOOOOOOAL!!!!!

まとめ・この場を借りて宣言します。

この場を借りて、改めて下記を宣言します。

私は2年以内に、本業の他に2つの副業を持ち、その副業のみで現在の月収を超える収益を上げ、個人事業主もしくは法人として事業を軌道に乗せ、さらに新しく身につけるスキルをもとに新しい事業を拡大します。これらを通じて2年間で500万円、5年間で3,000万円以上の貯蓄をするだけでなく、家族や友人とともに余暇や旅行など様々な経験をし、人生の選択肢をより増やしていきます。そして結果的に、憂鬱とは縁遠い人生を送っていきます。

何よりも、自分自身がその過程を心から楽しみ、このブログで良い共有ができるようにしていきたいと思います。

新着記事

【男性が書く男性心理】嫌いな女性にとる行動・飽きた彼女にとる行動

osushinです。このブログは割と女性の方に読んでいただいているみたいで、さら ...

【幸せになるために】ポジティブ50音でストレスフリー・穏やかな生活

こんばんは、osushinです!唐突ですが、あなたは今幸せですか?幸せだと言う方 ...

【何もかもがうまくいかない】その大切な意味と4つの注意点

どうも、osushinです。先日自転車で転んで手のひらを怪我してしまいまして、治 ...

【男性が書く男性心理】決定版!男性が恋愛で感じること

どうもosushinです。以前書いた「【男性が書く男性心理】好意は行動や態度にど ...

【人生の意味】迷ったりわからなくなったときのシンプルな対処法

普段の仕事や生活に悩んで、憂鬱さや不安感に悩み苦しんでいる我々は、時折「人生の意 ...