【何もかもがうまくいかない】その大切な意味と4つの注意点

ノウハウ, 憂鬱を知る, 管理人のこと

成長

どうも、osushinです。先日自転車で転んで手のひらを怪我してしまいまして、治ってみたら手相が変わった気がします…良い手相に変わってるといいな!

突然ですが、何をやってもうまくいかないときってありますよね。

こんな状況に陥って、苦しい思いをしている人も多いのではないでしょうか。

・仕事でもプライベートでも、やることなすこと全てが裏目に出てしまう

・これまで通りやっているつもりなのに、急にうまくいかなくなった

今回は、そんなうまくいかない状況がなぜ起こっているのか、そしてどのように考えることで苦しい状況から抜け出すのかを考えていきましょう。

「何もかもうまくいかない状況」はなぜ起こる?

突然すべてがうまく回らなくなる

いつも通りに過ごしていたと思ったら、仕事ではこれまでありえなかったミスや未達が続き、プライベートでは急に家族や恋人と喧嘩になり、一年に一度もないような大ゲンカに発展…

このような状況に陥ったことはありませんか?私自身もこれまでに2度ほどそういうことがありました。

このように、「何もかもがうまくいかなくなる」という状況はある日突然やってくるものです。タチの悪いことに、本人としてはいつも通りに過ごしているつもりなのに突然起こることなので、ショックが大きく、この世の終わりのような錯覚に苛まれてしまいます。

なぜ突然、このようなことが起こってしまうのか。それにはいくつかの理由があるんです。

自分自身が無意識に変わろうとしているため、「うまくいかない」時期がある

価値観や大切にしたいもの、考え方といった、生きていく上での軸になる部分が変わるタイミングが、人生には何度か訪れます。

これまで通りに過ごしているつもりでも、いわゆる潜在意識の部分では自分自身が変わろうとしているので、「これまで通り=正しいことではない」という歪みが、うまくいかないという感覚を引き起こしているのです。

仕事のやり方や勝ちパターン、そもそも今いる職場や職種、業界…プライベートなら相手との接し方、リアクションの取り方、表情などなど、あらゆる部分で「人生の軸」が影響して、一時的にうまくいかない時期がやってくるのです。

偶然に「うまくいかない」が重なることもある

もちろん、病気や事故、天災、会社の経済状況など、一見自分の力ではどうにもならないような外的な要因でうまくいかないことが重なることも、可能性としてゼロではありません。

ですが、そんなことが永遠に続く人がいるでしょうか?またそのような要因は本当にまったく回避できないものでしょうか?

当然そんなことはあり得ません。一過性のものであるということを強く意識するべきだと思いますし、日ごろから健康に気を遣う、事故の確率が高い乗り物を避ける、危険が大きい地域から引っ越す、転職する等、我々自身が日ごろからとりうる行動で、リスクを分散することができます。

大切なことは全て「何もかもがうまくいかないとき」から学べる

大切なのは、「うまくいかないとき」に落ち込まないこと

何もかもがうまくいかないとき、我々は大きく落ち込んでしまうことがあります。「きっともう何をやってもいまくいかないんだ、自分の人生は終わった」というように、悲観的に物事をとらえがちになってしまいます。

しかし、上で述べたように、この「うまくいかないとき」は永遠に続くものではないということを改めて意識していきましょう。そのうちいいこともあるさという心もちでいれば、辛さは半減し、ちょっといいことがあったときの喜びは倍増します。そうすることで、理想と現実のギャップを埋めていくことは今すぐにでもできるのです。

「うまくいかないとき」がもたらすもの

うまくいかないときというのは、よほど外的な要因が大部分を占めていない限りは、上で述べた「自分の価値観が大きく変化しようとしているとき」という可能性が非常に高いです。今あなたは、これまでの自分の殻を破り、価値観・大切にするもの・考え方などを大きく変化させ、まったく違う自分に生まれ変わろうとしています。

苦しい状況におかれているとめげそうになってしまうとは思いますが、「人生における好転反応」「人生の筋肉痛」であるととらえるべきです。ここをきちんと受け入れることで、その先のより良い生活、より安心感のある人生を手に入れることができるということを、強く意識するべきだと思います。

例えば、「どんなにきつい仕事でも、安月給でも、仕事があるだけマシ。生活を守っていかなければいけない。日々上司にいびられても、残業が多くても、仕事の成果がだせなくても我慢するべき。仕事なんて勤続年数を重ねてナンボ。我慢は美徳」という人がいたとしましょう。ところが身近に自分の人生を充実させ、好きな仕事をし、時間的・精神的な余裕をもって生きている人が現れたとき、もしくはそういう生き方へ憧れを抱いた時、一旦は大きく苦しみます。少し前の私自身がそうでした。これまでやっていた仕事に対してつまらなさが増し、通勤が苦痛になり、職場の悪い所が目立つようになりました。でもそこを乗り越えたとき、おそらく一生やっていく”仕事”において、最も大切なことはなんだろう?という疑問の答えが徐々に見えてきました。

つまり、自分が一歩進化する過程としての苦しみであって、これがなければ未だに新しい価値観に気づくことなく「我慢は美徳」と思い込んで日々を過ごしていたことでしょう。この過程があって初めて、新しい自分に生まれ変わり、新しい人生を手に入れることができるのです。

突然「急になにもかもうまくいかなくなる」のは、チャンスが訪れているということ

これまで述べてきたように、うまくいかないときにその状況はチャンス到来の瞬間であり、いよいよ自分に嘘がつけない状況に陥っているからこその苦しみであることがお分かりいただけたかと思います。

この状況になったら、まずは自分が憧れを抱いている世界、望むことについて調べ始めてみましょう。今はインターネットでいくらでも情報が溢れており、例えていうなら目的地までの行き方や近道、どういう悪路などの懸念があって、どれくらいかかるのか、先行者のハッピーな感想などが事前にわかる時代です。そういう意味では、昔よりもはるかに理想像に近づきやすいと言えます。

「難しそうだから…」とか「自分には似合わないから…」と言って何もせずにいると、それは自分の心の声に逆らっていることになるので、苦しみを長く味わうことになるでしょう。少しでも望む世界に触れてみて、本当に無理そうなら、また違う方法を考えてみれば良いのです。

うまくいかないときこそ、周囲への対応に気をつけよう

うまくいかないとき、周囲へ当たり散らしたり、落ち込んだ様子を見せすぎて心配されてしまうことが多々あります。うまくいかないときこそ自分の振る舞いには気をつけて、周囲へ迷惑や心配をかけないようにすることが大切です。そのためにも、今の苦しみが永遠に続くものではないということ、また自分の価値観が変わりつつあるからこそなんだということを強く意識して、前向きにとらえていきましょう。

まとめ・「うまくいかないとき」が訪れているあなたは、まさに幸せになる一歩手前

いかがでしたか。何もかもがうまくいかない今だけを切り取って見てしまうと、永遠に続く不幸に見舞われたかと思ってしまいますが、トンネルのようにいつかは抜けるものです。またこの状況は自分の価値観や考え方が進化する過程で起こるもの、自分の心の声に従おうとする自然な反応なのです。

あとは心の声に従って、本当に自分が望む状態を目指せば、今より確実に幸せになることができます。

私の心の声は言います。「仕事は”やること”や”やり方”を自分で決めて、同僚ではなくお客様や家族に貢献できるものにしろ、家庭にもっとコミットしろ、今の年収に満足するな、人と会う時間や経験にかけるお金はもっともっと増やせ、勉強して新しい知識を手に入れろ、これら全てを満たした上で、心から楽しいと思える瞬間を増やせーー」

なかなか高い要求ですが、心の声を無視したり逆らって苦しんでしまうのはイヤなので、これからも目指していきます。

あなたの心の声はなんと言っていますか?

新着記事

【男性が書く男性心理】嫌いな女性にとる行動・飽きた彼女にとる行動

osushinです。このブログは割と女性の方に読んでいただいているみたいで、さら ...

【幸せになるために】ポジティブ50音でストレスフリー・穏やかな生活

こんばんは、osushinです!唐突ですが、あなたは今幸せですか?幸せだと言う方 ...

【何もかもがうまくいかない】その大切な意味と4つの注意点

どうも、osushinです。先日自転車で転んで手のひらを怪我してしまいまして、治 ...

【男性が書く男性心理】決定版!男性が恋愛で感じること

どうもosushinです。以前書いた「【男性が書く男性心理】好意は行動や態度にど ...

【人生の意味】迷ったりわからなくなったときのシンプルな対処法

普段の仕事や生活に悩んで、憂鬱さや不安感に悩み苦しんでいる我々は、時折「人生の意 ...